借上住宅「意向調査」の中止を求める申し入れをしました

 借上意向調査中止申し入れ130624
神戸市は、借上住宅の入居者に対して、新たに意向調査をするとしています。しかしこれは、神戸市が出した、入居継続の基準が前提であり、線引きを固定化する内容になっています。また、介護度などの個人情報を、いつでも神戸市の都合で調査できるように、同意する内容も含まれています。入居者は、20年の期限の説明を受けていない人も多く、不安が広がっています。この意向調査の中止を求めて、都市計画総局に申し入れをしました。コミュニティ-をまもるには、希望する全ての人が「終の棲家」として継続入居出来るようにすることが必要です。これまで、おおくの孤独死を生んできた事態を繰り返すべきではありません。東日本大震災の復興対策への影響を考えても、神戸市が継続入居を決断するべきです。  

鈴ちゃん瓦版より


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です